かつては女性がメインの看護師であり、現在でも家庭と両立がバランス良く出来る制度や勤務形態も増え、とても働きやすくなってきている。

そして、現在では男性看護師も増えてきているのをご存知だろうか。

近年では高齢化社会となり、医療業界でも介護業界でも看護師の需要は増えていている。

高齢者を支えるとなると体力勝負なこの仕事は、高齢者の人口の多い東京でも敢えて男性看護師の求人を多くするようになったのだ。

現在の看護師は男女共に多方面から必要とされている職業だろう。

さて、看護師として仕事に就くには、看護師資格を取得し登録していなければならない。

資格を取得するには、看護系の大学で必要な学科を修了して卒業していること、看護系の短大や専門学校などで3年以上学び必要学課を修了していること、指定の看護師養成所を卒業していることが必要である。

いずれも国家試験の受験資格を取得しただけなため、人体の構造と機能や疾病の成り立ちと回復の促進をはじめ、健康支援と社会保障制度や基礎看護学、小児看護学などが出題される筆記試験に合格しなくてはならない。

試験は1年に1回実施され、晴れて合格した際には厚生労働省で管理している有資格者の籍簿に登録することで、看護師となれるわけなのだ。

看護師資格は、一度取得すれば生涯有効なので、結婚や出産などのライフイベントで離職した場合にも、再就職がし易いのが最大のメリットといえるであろう。

看護師は、介護士と同様に常に人手不足が続いている職種でもあることから、ほかの職種に比べても再就職先や転職先が見つ易いのである。

また、看護師は民間病院や一般的な総合病院だけでなく、クリニックや診療所、介護老人保健施設などと活躍の場が多いのも嬉しいポイントなのだ。

そして、上記にも述べた東京の医療施設では最先端医療や技術を取り入れているため、自身のスキルアップやキャリアアップにチャレンジし易いのも魅力あるメリットだろう。

このように、メリット溢れる東京で看護師として活躍していく人は益々増えていくことだろう。