看護師という仕事についている女性が、結婚して妻や母となったときにはどのようなメリットがあるのだろうか。

共働き世帯が増えており、結婚後も女性が働くということはそんなに珍しいことではなくなった。

しかし一般企業だと、育児休暇後に復職することが難しい職場も多いと言われている。

その点、看護師は出産や育児で休暇をとっても、比較的復職しやすいというメリットがあるだろう。

東京には大学病院・総合病院・クリニックと多くの医療施設があり、ライフスタイルの変化により転職もしやすいという現状がある。

東京で生活していくには、世帯収入も全国平均よりは高めでないと安定した生活は難しい。

そんな中、高収入で安定している看護師を妻に持つということは、夫にとっても安心と言える。

職場によっては夜勤などもあり、すれ違いが多くなることを心配するかもしれない。

しかし夫婦というのは、適度な距離感を持っている方がお互いのことを尊重し合えるとも言われている。

一般企業では、産休後の職場復帰をパートにしてもらうということは少ないだろう。

しかし看護師であれば、勤務先によっては復帰はパートからでもOKという場合が少なくない。

子どもが小さいうちはパートで、手を離れてきたらフルタイムというように働き方を選べる職種というのは強みである。

そして、東京の大学病院等では最先端医療に触れることも出来、研修やセミナーも多くあるためスキルアップも目指しやすい。

このように看護師と家庭の両立をするならば東京で転職をすると良いだろう。