看護師の資格とは、看護の専門家として国が認定する国家資格である。

国家資格には、業務独占と名称独占があり、看護師は業務独占に該当する。

名称独占とは、その仕事において一定レベルの技能と専門知識を有してしることを認め、社会的地位を保証するのが目的である。

それに対し業務独占とは、資格を有していないと、その仕事をすることができないことを意味する。

看護師の資格を取得していない人が治療行為を行うと、法律で罰せられるのだ。

したがって、看護師に転職するにはまずは資格を取ることが先決であるが、転職先が決まったあとは、自身が専門家であるという誇りを持って仕事に臨むことが大切である。

国家試験に合格したあとも、専門家として勉強し、自己研鑽を積むことが続くと考えておいたほうがよい。

そして、日本では高齢者の割合が年々増加し、それに比例して看護を必要とする医療業界や介護業界の需要が高まってきている。

さらに東京では、最先端医療の研究や実践にも多く取り入れているため、最先端医療や技術に触れたり学ぶ事が出来る。

また、共働き世帯の増加により、医療施設側も看護師側もライフワークバランスを考え働き方にも変化が見られてきているのだ。

両立をしながらも、看護師としてスキルアップやキャリアアップを目指し活躍することも可能だ。

このように、看護師にもより高度で多様化した仕事が求められるようになっている。